2024年6月24日月曜日

歯医者に行った

 歯医者に行ったあと、家に帰ってきて、すぐに、風呂に入った。いま、出てきて、しばらくたったところ……。しかし、つまんない。

歯医者は、あと、一回だ。次、行けば、終わりだ。しかし、7年間に一回ぐらい、掘り返しているような感じだ。そして、掘り返すたびに、ぼくの歯が、減る。「もう、けずらないでいい」と思っていた。よくけずるなぁーー。まあ、一本の歯は、親知らずなんだよね。これ、親知らずなんだけど、位置がちょうどいいので、そのまま、使っている。「となりの歯がしかっりしているから、ぬいてもいいんじゃないの」と言われたけど、自分の歯は、たとえ、親知らずだろうが、ぬきたくない。

 *     *     *

世界のことだけど……

あと、一年、ふんばれば、事態は、好転するはずだ。

竹がすごい

 ゴミを出してきた。庭を見たら、竹がすごい。すでに、二階の高さまできているのが、東側にあった。これは、問題だ。

*     *     *

いろいろ、考えるとむなしい。自分の人生のことだ。大逆転はあるのかどうか?

ダイギャクテーーン ダイギャクテーーン ダイギャクテーーン 

ほんとう、くるしかったなぁ。長期騒音でくるしかった。全部、陸続きで、いまもくるしい。いまは、かつての長期騒音は鳴ってない。いま鳴っているのは、せいぜいのところ、工事の音だ。

*     *     *

ともかく、大逆転だ。俺に必要はなのは、大逆転なんだ。

ダイギャクテーーン ダイギャクテーーン ダイギャクテーーン

*     *     *

このまま死ぬとなると、悔いが残るなぁ。長期騒音で、「ぜんぶ」できなかった。やりたいことは、全部できなかった。

店があるうちに、行っておくべきかな。

 ●●●●シェディングで、ほんとうに、楽しみがなくなったなぁ。散歩すらできない。自転車でスーパーマーケットに行くことすらできない。ラーメン屋にぷらっとたちよって、ラーメンをくうことさえできない。「この店はおもしろそうだな」と思っても、その店に、電車で行くことさえできない。こういうことができないということは、案外、ストレスになる。けど、まあ、対策をして、ラーメン屋で食べてこようかな。まるまる荘の近くにあったラーメン屋に行きたい。あそこのラーメンはうまいんだよな。ネットで調べたので、まだ、店が存在していることは知っている。店があるうちに、行っておくべきかな。

2024年6月23日日曜日

具なしカレー

 具なしカレーをつってみた。これは、完全に、具なしだ。ひき肉を入れることはできるのだけど、解凍しなければならない。最近、肉は、ほとんど食べてない。イワシとタマゴばかりだ。けど、カレーのために、いちおう、ひき肉を買っておいたんだ。だから、解凍すれば、使える。

具なしカレーでも、野菜ブイヨンの量を間違えなければ、かなりうまいカレーになる。まあ、ちょっと、たりない……という感じがするのだけど、しかたがない。まあ、玉ねぎぐらいは、いれたほうがいいね。

具なしカレーだけ、みそ汁のように飲むというのもある。スパイスと野菜ブイヨンだけのスープを、けっこう頻繁に飲むようにしようかなと思っている。

まあ、ご飯にかけて、食べるのもいい。 

*     *     *


すぐに消す

 「陰謀論」というくくりで、くくっていたら、ダメなんだよ。もう、その時点で、だまされている。

ヒハツパウダーを買った

ヒハツパウダーを買った。これを、スパイスカレーに付け加える。シナモンも付け加えるかもしれない。シナモンを買うかどうかまよっている。まあ、どっちとも、野菜コンソメスープに付け加えるのもいいし、気楽に使える。

 

ほんとう、どうしようかなぁ?

 ほんとう、どうしようかなぁ?

これ、ほんとう、どうするんだ?

あと2年頑張れば、どうにかなるか?

まあ、全部、カタがつくのには、あと、9年ぐらいは必要かな。

雑感

 いろいろと、不愉快なことを思い出してしまう。首のところをダニに刺されたので、ダニ関係、ネズミ関係のいやなことを思い出してしまった。

一階の部屋で作業したのだけど、たぶんそのときに、刺されたと思う。一階の部屋の掃除だから、一階の部屋でやるしかない。

 

2024年6月20日木曜日

ちゃんとした台所

 今日は、まあ、ネットスーパーの受け取りができてよかった。これ、ほかの人にはわからないと思うけど、けっこう、こころの負担なんだよ。約10日分の食料をゲットした。

まあ、ほんとう、ちゃんとした台所で料理を作りたいとは、思う。ここは、やばい。ここは、緊急避難所みたいなものだから、いろいろとたいへんなのだ。こんなの、ちゃんとした台所なら、一発で解決する問題なのに……と思うことが多い。いちいち、階段の上り下りをしないと、冷蔵庫に到達できない。瞬間湯沸かし器もないから、冬は、たいへんだ。夏は、夏で、冷やすものをつくるのがたいへんだ。たとえば、ざるそばとか冷やし中華とか。

2024年6月19日水曜日

いろいろな動画を見て、いろいろと考えていた

 まあ、眠ることはあきらめて、起きているのだけど、気分的には、たしょう復活した。めちゃくちゃに、体調が悪かった。あるものを飲んだら、たしょう、体調がよくなった。

しかし、1階におりていって、ちょっと作業しただけで、2階にあがってきたあと、かゆくなっているんだよね。けど、一階で、蚊取り線香はたけない。つけられない。蚊取り線香の煙に対して、ぼくが、猛烈に弱くなっている。ほんとう、ちょっと吸っただけで、咳が出るようになって、3カ月ぐらい、なおらない。今回、なんとか、いろいろと飲んで、なおったからいいけど、もう、一回だって、蚊取り線香はたけない。まあ、電子蚊取り器だと、そういうことにはならないので、電子蚊取り器でもつけておくかな。あるいは、空気清浄機をずっとつけっぱなしにしておこうかな。

いろいろな動画を見て、いろいろと考えていた。最近、2倍速で動画を見ることが多い。いろいろと、感じることがあるよ。

 

気温の変化がはげしい

 気温の変化がはげしい。昨日まではすずしかったのに、今日は、相当に暑い。急に暑くなった。こういうのは、こたえる。すずしくなった時点でこたえていたのに……。あとは、睡眠がおかしい。睡眠に関していうと、とてもまずい状態になっている。どうしようかな。いま、横になっても眠れないと思うけど、起きているのもつらいんだよな。

2024年6月18日火曜日

あまーい炒り卵

 ひさびさに、あまーい炒り卵を食べた。うまい。電熱器の調子がわからなくて、ちょっと、こげたところもあるけど、それも、うまい。こげたところはなんか、うな丼のうなぎみたいな味がする。

しかし、どうするかな?

今日は、すずしい。このあいだ、冷房をつけたくなるほど暑かったけど、今日は、すずしい。冷房は、つけたくなったので1時間ぐらいつけてしまった。マイルールで、室温が31度をこえたら、設定温度31度ぐらいで、冷房をつけることにした。

雑感

 なんだかしらんが、生きてきて、いろいろとつかれたなぁ。あたらしい医療技術が出てこないかなぁ。ともかく、つかれたわぁ。この世界は、これから、大きくかわるわけだけど……。ぼくはどうなるかな?

黒インテルの影響をうけているこころがきれいな人は、いろいろと、混迷しているみたいだなぁ。それ、じつは、黒インテルがつくりだした幻想・幻影だわ。まあ、そういう状態だと、トランプが政権をとったあと、その人が、幻滅することになるので、そっちのほうが心配だよ。

トランプは、似ていることをいくつかやるかもしれないけど、その似ていることというのは、だいぶちがうことだ。これ、言葉の定義がものすごく重要なんだよね。ともかく、現時点で、黒インテルの影響をうけている人のことが、心配だ。この人は、どうなってしまうのだろう?


どうするかな?

 基本、ひまだ。11月5日まで、なにをしようかなぁ? まあ、いいや。

基本、掃除をしなければならないのだけど、掃除をすると、ダニに刺される状態なので、掃除をしたくない。ぼくの場合、かゆさよりも、肌がきたなくなるのがいやなタイプなんだよね。ダニにもいろいろな種類がある。あとが残るタイプのダニがいる。

ともかく、まあ、かゆくなると、ひっかいたりするので、肌は、きたくなる。かゆいのを我慢してかかないとしても、もう、刺された時点で、赤く色がたついたり起伏していたりする。

でっ、どこで刺されるかわからないわけ。目に見えないタイプのやつに刺されている。

どうするかな?

 

 

 

 

2024年6月17日月曜日

「店で食べるものが先です」と言うことに関しては、抵抗がなかった

以前、書いたことなのだけど、もう一度、整理して書いておく。これは、ラーメン屋でオーダーするときの話だ。

 中国女店員は、店で食べるものと持ち帰りものを注文されたら、店で食べるものと持ち帰りのものをいっしょに出すということにこだわっているとする。なので、店で食べるものと持ち帰りのものをいっしょに注文すると、またされることになる。しかし、ほかの店員は、店で食べるものと持ち帰りのものを注文されたら、店で食べるものを先に出すということにこだわっているとする。中国女店員に店で食べるものと持ち帰りものを注文したら、持ち帰りのものができるまで、店で食べるものがでてこなかったので、またされたとする。そういう経験があったので、かならず、「店で食べるものが先です」と言うことにした。たとえば、店で醤油ラーメンを食べて、野菜炒め単品は、持ち帰りたいとする。その場合は、かならず、「店で食べる、醤油ラーメンを先にもってきてください」と言うことにした。中国女店員のほかにも、店で食べるものと、持ち帰りのものを注文されたとき、いっしょに出すことにこだわる店員がいるかもしれないから、かならず、どの店員にも、そういうふうに言うことにした。店で食べるものと持ち帰りものを注文されたら、店で食べるものを先に出すというルールを、店・先・ルールと呼んでおこう。店・先・ルールをどの店員が理解していて、どの店員が理解してないか、ぼくにはわからないのである。経験的にわかっているのは、中国女店員が理解してないということだ。けど、それは、その時点の話であって、中国女店員に対して、店長やほかの店員が、店・先・ルールを教えたかもしれない。中国女店員が店・先・ルールを理解している場合は、「店で食べるものが先です」ということを言わなくてもいいということになる。しかし、中国女店員が、そのルールについて、理解しているのかどうか、こっちにはわからない。どの時点で、ほかの店員から教わったのか、あるいは、教わってないのか、こっちには、わからない。なので、中国女店員を含めたどの店員にも、かならず、「店で食べるものが先です」ということを言うことにした。ところが、ある店員が「店で食べるものがさきだということは、わかっているので、言う必要はありません」という意味のことを、ぼくに言った。たぶんだけど、この店員は店長なんじゃないかと思う。けど、この店員が店長であるという保証はない。こっちには、わからない。ともかく、その店員が店・先・ルールを理解しているということは、わかった。しかし、この店員にだけ、言わないようにして、ほかの店員には言うことにするというルールは、すべての店員に対して「店で食べるものが先です」ということを言うことにするというルールよりも、複雑なものになる。こっちとしては、もう、不愉快なことが一回以上、しょうじていたので、「店で食べるものが先です」と言うというルールを採用している。なので、かえたくない。しかし、この店員が「別に言わなくても、うちでは、そうすることになっている」ということを言ったので、次からは、言わないようにした。いちおう、この店員のことを店長らしき店員だとする。中国女店員も、すでにそのルールを教わったと思ったので、中国女店員が出てきたとき、「店で食べるものが先です」ということを言わなかった。そうしたら、いつまでたっても、店で食べるものがでてこなかったので、店長らしき店員に「店で食べるものがなかなか出てこないんですけど」とぼくが言った。店長らしき店員が、ぼくの近くを通りかかったので、そう言った。そうしたら、中国女店員に対して、店長らしき店員が「店で出すものがさきよ」というようなことを言った。そうしたら、中国女店員が、ものすごい形相になって「あの客は、きちがい」「おかしい、おかしい」「きちがい、きちがい」と言ったのだ。そうしたら、厨房の人が「いっしょにもってきてくださいと言われなかったなら、店で出すものがさきだよ」というようなことを言ったのだ。そうしたら、中国女店員がしゃがみ込んで「きちがい、きちがい」「あの客、おかしい」と言ったのだ。そのとき、店長らしき店員が、中国女店員に対して「あなたが、わかってないだけじゃない」「あの人はいい人よ」と言った。けど、このとき以来、中国女店員は、ぼくのことを敵視するようになった。

ぼくは、すべての店員に対して、かならず、「店で食べるものが先です」ということを言うことにしたんだよ。このルールをかえるのが、いやなんだよ。けど、店長らしき店員が、「それは、言わなくても大丈夫ですよ」ということを言ったので、次からは言わないことにした。けど、そうしたら、トラブルが発生したのだ。店長らしき店員は「店で食べるものが先です」ということを言われると、わかっていることを言われたので、ある程度不愉快な感じがするのだ。「そんなことを言う必要はありませんよ」ということをぼくに言った。店長らしき店員は、わかっている。けど、ほかの店員がわかっているかどうかはわからない。

ぼくが頭にくるポイントは、店長らしき店員の発言が「ひっかけ」になっていると言うことだ。そして、店長らしき店員にはまったく悪意がないということだ。かりに、ぼくが店員なら、わかっていることを言われるのは、あんまりいい気分がしない。店長らしき店員の気持ちを考えると、「店で食べるものが先です」と店長らしき店員には、言わないほうが親切なのかなと思った。けど、店長らしき店員には言わないけど、ほかの店員には言うというルールはめんどうくさいのである。そのあとも、ほかの店員でわかっている店員には、言わないようにするというルールが付け加わることになるので、最初の、すべての店員に「店で食べるものが先です」というルールのほうが楽なのだ。店長らしき店員は、ぼくが、いちいち「店で食べるものが先です」というのが、たいへんだろうと思って、それは、省略しても、問題がないということをぼくに言ったのだ。それに、『わかってる人』に「店で食べるものが先です」と言うと、わかっている人が、「ある程度」不愉快な気持になるというのは、理解できないことではない。「そんなのは、わかっている」と言いたくなる気持ちもわかる。わかっている人に、わざわざ、「店で食べるものが先です」と言うのは、問題があるかなと思って、中国女店員にも、「店で食べるものが先です」と言わなかったのだ。こっちのほうで、店長らしき店員が、ちゃんと、店のすべての店員に対して、そういう教育をしたから、中国女店員もわかっているのだろうなと思った。もし、この時点で、中国女店員が『わかってる人』になっていたとすると、わかっている人に対して、わざわざ、「店で食べるものが先です」と言うのは、まあまあ、失礼なことになるので、「わかっているのだろうな」と思って言わなかった。そうしたら、トラブルが発生した。やはり、中国女店員には、ちゃんと「店で食べるものが先です」と言ったほうがよかったのだ。けど、それは、「店で食べるものが先です」と言わないことにするというルールには抵触する。ぼくは、別に、保険をかけて、「店で食べるものが先です」と言うことに関しては、抵抗がなかった。これは、こういうトラブルを避けるためのルールだったのだ。けど、店長らしき店員は、ぼくが「店で食べるものが先です」といちいち言うのは、たいへんだろうと思ったらしいのだ。別に、ぼくは、そのことについては、たいへんじゃない。あとは、店長らしき店員に「どの店員にも、かならず、店で食べるものが先ですと言うことにしたので、あなたは知っているから、ある程度不愉快かもしれないけど、あなたには言わないことにしてほかの店員には言うことにするというのは、ルールが複雑になるので、あなたを含めたすべての店員に対して、店で食べるものが先ですと言うことにしました」と言おうと思ったのだけど、それも、角が立つかなと思ってやめたのだ。俺は、中国女店員のことも、店長らしき店員のことも、ちゃんと考えていた。

ぼくにとって頭にくるポイントというのがある。それは、店長らしき店員にまったく悪意がないことだ。けど、これが、トラップになっているんだよなぁ。トラップになっている。

 

 

2024年6月16日日曜日

まあ、ともかく、二極化がとまらないみたいだね。

 退職後の生活に関する動画を見ているのだけど、やっぱり、極分化が進んでいるという感じがするなぁ。あとは、これ言ってもしかたがないのだけど、最初の条件がちがうみたいなんだよなぁ。カネをもっている人の話を聴くと、やっぱり、カネまわりのいい家に生まれているのだよね。くあ、カネまわりのいい家に生まれても、失敗してしまう場合もある。だから、100%の確率でとは、言わないけど、あたりまえのように持っている条件がどうもちがうみたいなんだよね。条件がいい人が、「明るく考えたほうがいい」とか「積極的に行動すればどうにでもなる」みたいなことを言うけど、「明るく考えられる条件」が成り立っていたり、「積極的行動できる」条件が成り立っていたりするのだ。

まあ、ともかく、二極化がとまらないみたいだね。

どうしようかな?

 どうしようかな?

はぁーー。どうしようかな?

まあ、いろいろと動画を見ていた。健康食品関係だ。

さっき、じつは、一階の部屋の掃除をしたのだけど、ダニに刺された。気分が悪い。かゆい。

あーー。どうしようかな?

これ、昨日の夜、一階の部屋のカーテンをとったのだけど、そのときも、ダニに刺された。これが、どうも、作業中に刺されたわけじゃなくて、そのあと刺されたみたいなんだよな。でっ、掻いたので、なんというか、ひりひり痛くなった。そのまま眠ったのだけど、今日もまだ痛い。というわけで、あんまりよくない。あのカーテンをつけることには反対したのだけどなぁ。親父がつけてしまった。そして、その当時は、まさか、ダニ問題が発生するとは思ってなかったのだけど、親父がネズミを入れることによって、ダニ問題が発生した。

ともかく、引っ越さなければならないのだけど、まず、粗大ごみ業者の人が、ダニに刺されないようにしておかなければならないのだ。これがむずかしいんだよね。

おっ、地震だ。

 

 

2024年6月15日土曜日

すべてが、めんどい

 すべてが、めんどい。「めんどい」とは、めんどうくさいという意味。あーー。どうするかな? 進行がおそすぎる。もう、いやだな。いいかげん、気がつけ。

ともかく、自分のことをやらないとなぁ。これからさきは、いままでよりは、いい世の中になる。これは、もう、決定している。まあ、生きていれば、いいことあるよ。この時代に関しては、ね。このさきの時間に関しては、はっきりと、そう言える。

しかし、個人的には、ここにくるまでに、相当の意欲をつかいはたしてしまった。個人的な理由で、楽しみを感じられなくなってしまった。基本的には、いろいろとめんどうくさい。

まあ、ながれだまにあたらないで、生き残ることができたなら、これからはいいことがある、ということだ。けど、これからと言っても、まだしばらく、時間がかかるのだ。

 

2024年6月14日金曜日

いい人が勝って、悪いやつが負ければいい

 あーあ。ほんとうに、アニメのように、いい人が勝って、悪いやつが負ければいいのだけど……な!!

現実世界だと、悪いやつが勝ってしまう場合がある。しかも、多数者がだまされて、悪いやつが勝ったことをよろこぶ。こんなことが、普通に起こるのがこの世だ。

30年もすれば、ぼくが正しいことを言っていたということがわかるようになる

 30年もすれば、ぼくが正しいことを言っていたということがわかるようになるだろう。できれば、3年でわかるようになってほしいけど。

2024年6月12日水曜日

ぜーーんぶが、めんどうくさい。

 ぜーーんぶが、めんどうくさい。

この、おそさ。いったい、いつになったら、みんなが気がつくんだ? おそい。おそすぎる。

もう、いやだ。

あとは、家だけど、どうせまっていても、しかたがないので、買うかな。けど、高いから、ちょっと踏ん切りがつかない。いろいろ、めんどうすぎる。あれを測定して、別のあれを測定してということがめんどうくさすぎる。

2024年6月11日火曜日

雑感

 とりあえず、今日は、資源ゴミを捨てた。これは、早朝だ。ちがう班?の人が、ガラスのゴミ袋と、缶のゴミ袋の用意をしていたのだけど、うちの班のガラスのゴミ袋と、缶のゴミ袋はまだ出てなかった。ちがう班のゴミ袋に入れたかったけど、うちの班のゴミ袋に入れることにした。でっ、うちの班のゴミ袋が出るのを待っていたのだけど、なかなか出てこなかったので、今回はあきらめた。もう一度、眠ることにして、眠った。このときの、感覚が、長期騒音の朝の感覚なので、めちゃくちゃに、傷ついた。絶望した。「これはないよなぁ」と思っていた。まあ、今日は、そのあと、起きてどこかに行く予定はなかったので、眠れたからいいけど、めちゃくちゃな気分になる。

そのあと、起きて、バナナを食べた。栗も食べた。これで、朝食?おしまい。そのあと、いろいろな動画を見た。そのあと、風呂に入った。この風呂というのも、けっこうたいへんなのである。あんまり、入りたくない。けど、しかたがないので、入った。

風呂から出たあと、熱湯処理をして、洗濯をして、いま、部屋干しをしているさいちゅうだ。

熱湯処理のとき、やけどをしそうになった。けど、こういうことをやっても、一度、着てしまえば、もう、だめなのだ。さらに、体力が落ちたときに、いろいろと問題が発生する。

 

2024年6月9日日曜日

俺の人生、なんだったんだろうなぁ

 「俺の人生、なんだったんだろうなぁ」と思う。思う。思う。

「俺の人生、なんだったんだろうなぁ」という文字列で検索したって、こたえなんて、出てこない。

整理箱をビニール袋で封印

 本棚の本を、整理箱に入れて、整理箱をビニール袋で封印して、一階の部屋にもっていった。ビニール袋は90リットル用のビニール袋だ。ミルチャ・エリアーデの太い本があり、これをすてるかどうかまよっている。まあ、ほんとうなら、中古本屋に持ち込むべき本なのだろう。けど、なるべくシェディングはさけたい。それに、資源ごみの日に捨てても、目利きの人が、もっていく場合があるのではないかと思っている。

まあ、とりあえず、捨てないで、引っ越し先にもっていくことにした。けど、引っ越しするときはなるべく、もっていくものを減らしたい。

ビニール袋で包むにしろ、一階の部屋に置くのは、抵抗があるのだ。

しかし、本が多い。どうしたもんだ?

 

 

なになには健康にいいと言っても

 たとえば、コーヒーを毎日飲むことは、健康にいいとする。じゃあ、缶コーヒーを毎日飲むことは、どうなのか? じつは、健康に悪い。微糖であったとしても、砂糖が入りすぎだからだ。そして、砂糖が入っていなくても、人工甘味料が入っているとやばい。けど、砂糖も人工甘味料もはいってない、完全ブラックコーヒーであったとしても、いろいろと添加物が入っている場合が多い。

バナナを毎日食べることは、健康にいいとする。けど、安いバナナは、いろいろと問題があるのだ。強烈な農薬がかかっていたり、遺伝子組み換えバナナだったりする。でっ、まあ、毎日食べていいバナナというのは、無農薬であっりて、遺伝子組み換えでないものでなければならない。けど、それは、なかなか手に入らないものであったり、通販で買うにしても、高いものだったりする。

タマゴもおなじで、タマゴ自体が健康によくても、ストレスフルなゲージで飼われたニワトリがうむタマゴだと問題がある。ニワトリが、いろいろな薬を打たれていて、なおかつ、ニワトリのエサに問題があるものだと、やはり、やばいのだ。

ともかく、なになには健康にいいと言っても、じつは、普通に手に入るものを食べると健康によくないというようなことがある。毎日食べましょうということになっているので、そりゃ、健康に悪いものを毎日食べていると、長期間たったあと、悪い効果があらわれることになるだろう。けど、本人は「健康にいい」と思って食べているので、悪い効果があらわれるまでは、やめられないのだ。

というわけで、なになには健康にいいというものを、ずっと毎日食べまくると、場合によっては、病気になることがある。でっ、なんだかんだと言って、「タマゴは健康にいい」「一日に、3個食べても大丈夫」と言っても、それは、いいタマゴの話で、悪いタマゴだと、やばいことになるのだ。これ、トッリクなんだよね。ひっけかなんだよね。


雑感

 ご飯を食べたあと、「どうしようかな」と思っている。問題なのは、ダニとネズミの糞だ。これが……頭がいたい。

今日起きてからやったことは、まず、水を飲むことだ。アジがついてないものを、朝一番で飲むことにしている。そうしはじめた。効果があるのかどうかわからないけど、まあ、いろいろとたまったものを「あらいながす」には効果的だろう。その効果が、体感できるほどの効果になるのかどうかわからない。まあ、世間では白湯とか言っているけど、あっためる必要はない。冬なら、白湯になる。

ぼくの人生というのは、ほかの人との人生とは、大きくことなるのである。ひとつは、長期騒音だ。これがない人生だったらどれだけ楽か……。ぜんぜんちがった人生になっただろう。けど、これについて言うと、まあ、あんまりいい反応がないんだよね。それも、こみで、長期騒音……こたえるわぁ~~。

長期騒音が、(たいていの)ほかの人にはないことだからなぁ。わかるわけがない。

ともかく、なるべく早く引っ越すしかないのだけど、引っ越す元気がない。大がかりなリフォームや建て替えはもっとエネルギーが必要だ。 


 

2024年6月8日土曜日

甘栗を食べたら、ほんとうにうまく感じた

 あのあと、いちど眠って、起きてから、かつおぶし海苔ご飯を食べた。これが、うまい。さらに、甘栗を食べたんだけど、甘栗がこんなにうまいとは思わなかったな。やっぱり、食べたいときに食べたいものを食べるというのが、最高なんだな。ちょうど、甘栗が食べたくなったので、甘栗を食べたら、ほんとうにうまく感じた。この甘栗は有機JAS甘栗で、値段は高いけど、あんまり農薬のことを気にしなくてもい甘栗だ。添加物はない。

有機バナナを探してみたのだけど、ネットスーパーにはなかった。楽天西友ネットスーパーとAmazonネットスーパー ライフなんだけどね。通販ではあるのだけど、送料が高いし、段ボール箱が増えてしまうのが難点だ。段ボール箱の解体は、あんまりやりたくないのだけど、通販生活をしているので、段ボール箱の解体は、けっこうやっている。なるべくなら、ネットスーパーのほうがいい。案外、有機バナナはないんだなということがわかった。自分が今まで食べてきたバナナが遺伝子組み換えなのかどうか、気になった。遺伝子組み換えは、やばい。

Youtube動画で、からだにい良い食べ物と、からだに悪い食べ物について見ているのだけど、やっぱり、日本食は強いなと思った。けど、魚は有機水銀や養殖だと農薬の問題がある。

*     *     *

体にいい食べ物→スパイスカレー(ルーのカレーではない)、ゆで卵(遺伝子組み換えではない・できれば平飼)、大根おろし、納豆(ついてくるタレとからしは使わない)、バナナ、海苔(これ、じつはぱりぱりさせるための薬を使っているのがほとんど)

体に悪い食べ物→加工肉、フライドポテト、ポテトチップ、クッキー、洋菓子、和菓子、スナック菓子、ラーメン、バター、ショートニングが入ったもの、砂糖、コーラなどのジュース

たとえば、お茶が体にいいとしても、農薬かかったお茶だとだめなんだよ。さらに、ペットボトルのお茶には、酸化グラフェンが入っている可能性がある。だから、まあ、淹れ方とか農薬とか添加物などが関係してしまう。これは、体にいいとされている食べ物、すべてにあてはまる。

食べ方としては、どれだけ体にいいものでも、食べすぎはだめなのだ。トマトは体にいい食べ物なのだけど、食べすぎはだめだ。ニワトリのタマゴも体にいい食べ物なのだけど、食べすぎはだめだ。これは、すべてにあてはまる。

基本的な感想を言ってしまうと、体に悪い食べ物ほど、やみつきになるという感じがする。体に悪い食べ物ほど、依存性が高い。

2024年6月7日金曜日

納豆2パック入りご飯を食べた

 歯医者に行って、帰ってきた。帰ってきたぞ。帰ってきたぞ。あーー。

あと、工事の音が相変わらずうるさい。3マスさき家屋の解体作業中だ。

2マスさきのさら地は、動きがない。昨日は、きてやってたけど、今日は動きがないなぁ。

いま、風呂に入って出たところ。シェディングでついた問題物資をなんとか落としたはず。

あとは、納豆2パック入りご飯を食べた。

納豆はきらいじゃないんだよね。けど、続けて食べることができない。「毎日、納豆を食べるのが健康にいい」と言われても、毎日は、食えない。なんでだろうな? おいしいと思うんだけどなぁ。食べてるときは、うまいと感じるのだけど、なぜか、次の日、まったく食べたくないのだ。

しかし、このさきどうするかな。歯医者はあと2回で終了だ。

 

 

この世で起こった不愉快なことについて

 この世で起こった不愉快なことについて、記録を残しておこうと思う。それで、今回は、あるラーメン屋のことだ。そのラーメン屋には、よく行っていて、店で食べる注文のほかに、もって帰るものを注文していた。まず、最初のトラブルは、「いっしょに料理をスタートして、早くできたほうをもってきてくれ」と中国女店員に言ったのだけど、中国女店員が勘違いして「店で食べる料理と持って帰る料理」をいっしょにもってきた。店で食べるやつを、さきに食べたかったわけだから、これだとこまるのである。実際、もって帰るものと、店で食べるものが、いっしょに出てきてもしかたがないのだ。そして、もって帰るものをつくる時間が長かったので、店で食べるものが、いつまでも出てこないということになった。店で食べるものを注文した人が、何人もさきに、店で注文品を食べていのだ。ぼくより後に入ってきて、ぼくより後に注文した人の注文品が、さきに出てくるということになる。4人以上、ぬかれた。その中国女店員が、中国からきた店員らしいということが、この時はわかってなかった。普通に、日本語で注文したら、どうも、わからなかったみたいなのである。で、そのときは、しかたがないから、おそくなって出てきた、店で食べるものを、食べた。けど、これ、店で食べるものができて、それを、厨房に置いておいて、そして、もって帰るものをつくって、一緒にもってきたわけだから、当然、すこしは、さめている。で、そういうことがあったから、次のときは、「店で食べるものを優先してください。店で食べるものがさきです」と言ったんだよね。その店員は、その中国女店員ではなくて、たぶん店長さんだったんだろうけど、中年の女性だった。で、その店長かもしれない店員が「店で食べるものを優先してくださいと言わなくても、店で食べるものをさきにもってくることになっています」と言ったんだよ。で、そのときは、それですんだわけ。で、次に行ったときに、中国女店員が出てきて、注文を訊いたので、店長かもしれない店員の言うとおりに、店で食べる注文品と、もって帰る注文品を注文して、「店で食べるものを優先してください。店で食べるものがさきです」と言わなかった。そういうことになっていると、まえの店長かもしれない店員が言ったから、その通りにしたのだけど、この中国女が、店のルールについて理解してなかった。この中国女は、店で食べるものと、もって帰るものを注文された場合、いっしょにもっていくものだと思ってそういうふうに厨房に伝えちゃったわけ。だから、これまた、できるのがおそかった。で、なかなか出てこないから、中国女店員ではなくて、店長らしき店員に「店で、食べるものがさきなんですけど、だいじょうぶでしょうか」と言ったら、「少々お待ちください。確認してきます」と言って、厨房のほうに行った。で、そこで、店長らしき店員が、中国女店員に「店で食べるものと、もって帰るものを注文されたら、店で食べるものがさきよ」と言ったんだよ。そうしたら、中国女が、「そんなのおかしい。あのひとおかしい。あの人、きちがい、きちがい」「あの人、きちがい」「あの人、おかしい」と言ったんだよ。でっ、厨房のスタッフが「いっしょに出してくださいと言われなければ、店で食べるものがさきだよ」と言ったんだよ。そうたら、中国女店員が、頭を両手でおさえて、しゃがみこんで「そんなの、おかしい。あの人、きちがい。あの人、おかしい」と言ったんだよ。で、店長らしき店員が「あの人はおかしくない。あんたが勝手に勘違いしているだけでしょ」と言ったんだよ。けど、中国女店員は、ものすごく不満そうな顔をしていた。でっ、その日は、店で食べるものが、3人ぬきぐらいで出てきた。で、そのあとも、そのラーメン屋には、何回も行っていたのだけど、ある日、店長らしき店員がいないときがあった。その日は、中国女店員と、バイトの若い男だけだった。バイトの若い男のことを短期バイト男と呼ぶことにする。厨房には人がいるけど、注文をとる役は、その2人しかいなかった。で、普通なら、すぐに、コップに水を入れてもってきて、「ご注文は」と訊くことになっているのだけど、ずっと、こないんだよ。厨房に近いところが奥で、店のドアに近いところが、道に近いほうだとする。でっ、俺は、道に近いところの席にすわった。だから、ふたりのすがたは、遠いのだけど、見える。むこうからも、俺が見える。でっ、はってきたことがわかったら、注文をとらなければならないのに、中国女店員がぶつくさ言って、注文を取りに来ない。でっ、中国女店員は、ぼくよりも後で入ってきた、人の注文は取るんだよ。これも、2人ぬき、3人ぬき、という感じだった。あんまりにもこないから、「こっちきて」と言って、中国女店員に見えるように、テマネキをするジェスチャーをした。けど、中国女店員が、なんか、不愉快なそうな顔で俺のことをにらみつけて、こない。で、たぶん、中国女店員が、全部の注文をとって、いそがしくなったら、短期バイト男がとるという感じだったんだろうと思う。で、「あの人の注文とらないの?」と短期バイト男ことが中国女に訊いたら、中国女店員が「あの人、わるい人。あの人わるい人」と言ったんだよ。で、短期バイト男が「あの人、悪い人なの??」と、中国女店員に訊いたんだよ。そうしたら、中国女が「わるいひと、わるいひと。いやなひと。いやなひと」と言ったんだよ。でっ、短期バイト男ことが、「それなら」と言ったあと俺のところにきて、「水は飲みますか?」と訊いたんだよ。これ、水を飲むかどうか訊かずに、水を出すようになっている。店に客がきたら、どの客にも、水を出して、水を出したときに、注文を訊くことになっている。「水は飲みますか?」と訊くということ自体が、そこでは、異常な行為だ。けど、その異常な行為をしやがる。でっ、けっきょく、「水は飲みますか」という質問に対して、俺は「飲むよ」と答えた。で、「注文は、醤油ラーメンだ」と言った。そうしたら、短期男バイトが、少々お待ちくださいと言って、一度、厨房のほうにもどった。でっ、時間をあける必要がないのに、わざと、時間をあけて、水をもってきた。で、いちおう、注文をとって、もどった。注文は、メモ方式ではなくて、スマホのような端末でやるタイプだ。これ、店長らしき店員がいないのはわかっていた。厨房には人がいるけど、ウエイターウエイトレスタイプの仕事をしているのは、このふたりだけだ。この、短期バイト男が、俺のことを悪人として認識しているのである。短期バイト男に、説明するのはめんどうなんだよ。いきさつが、微妙だし、短期バイト男は、中国女店員に言われたように、俺のことを、悪い人だと認識しているわけ。

そういう、不愉快な出来事があった。まあ、けっきょく、不愉快な気持で、醤油ラーメンを食べて、帰った。これ、短期バイト男にいきさつを説明するのは、長くなる。ほかの客だって入ってくるわけだからな。

中国バカ女店員には悪意はないのだろうけど、めちゃくちゃに不愉快な思いをした。

店長らしき店員に「店で食べるものを優先してくださいと言わなくても、店で食べるものをさきにもってくることになっています」と言われたあと、数回、その店に行って、中国んな店員以外の店員に、「店で食べるものは、これで、もって帰るものはこれ」といった感じで注文したら、ほんとうに、「店で食べるものをさきにしてください」と言わなくても、店で食べるものがさきに出てきた。こっちが、どの店員はそのルールを知っていて、どの店員がそのルールを知らないかわからない。「いっしょに料理をもってきてください」と「いっしょに料理をスタートしてください」ということを勘違いされたあと、俺は「全部の店員に、店で食べるものをさきにしてください」と言おうと思って、そう言っていたのだけど、店長らしき店員にあたったとき、「店で食べるものを優先してくださいと言わなくても、店で食べるものをさきにもってくることになっています」と言われた。そのあと、何回かほかのスタッフや店長らしき店員に「店で食べるものを優先してください」と言わずに注文をしていたのだけど、ちゃんと、店で食べるものがさきに出てきた。「中国女店員だけがわかってなかったんだよね。そして、中国女店員だけがわかってなかったということが発覚したのが、俺のときの事件なわけ。

中国女店員は、いろいろと勘違いしているのだけど、短期バイト男に、「あの人、わるい人。あのひと、悪い人」とふきこんでいるんだよね。これ、ふきこまれた短期バイト男に、いきさつを説明できるかというと、なかなかできない。長い長いクレームになってしまう。しかも、説明したら説明したで、短期バイト男は、「やっぱり、クレームを言うようなわるいやつなんだ」と思うかもしれない。 

*     *     *

各店員が、どの程度の日本語理解力をもっているのかなんて、客であるぼくにはわからない。さらに、どの店員が「店で食べる品と、もって帰る品を注文した場合、店で食べる品を最初につくって持っていく」というルールを理解しているのかどうか、客である僕にはわからない。だから、「どの店員がきたときも、かならず、店で食べる品がさきだ」ということを言うというとにしておいたのに、店長らしき店員が、「みんな(うちの店員は)店で食べる品がさきだ」ということを理解しているというようなことをいうから、それ以降は、「店で食べる品がさき」と言わずに、普通に、「醤油ラーメンをここで食べて、レバニラ炒めの単品は持ち帰りです」と言ったのに、中国女が、「店で食べる品がさきというルール」知らなかったので、店で食べる品と、持ち帰りの品を、一緒に出すという(中国女店員ルール)にしたがって、厨房に伝えてしまったのである。そういえば、「一緒にスタート」と「一緒に出す」の勘違いと、結果的にはおなじなんだよな。店のルールしたがえば、店で食べるほうを先に出さなければならないのに、中国女店員のルールだと、一緒に出すことになるから、結果はおなじだ。中国女店員と書いたけど、中国からきているのかどうかわからない。日本語の話し方から判断すると、中国からきた人なんじゃないかなと俺が思っただけだ。確認してない。店長らしき店員も、ほんとうに店長なのかどうかは、わからない。ただのバイトリーダーかもしれない。中国女店員も、ちゃんと「店で食べる醤油ラーメンがさき」とか「醤油ラーメンを先にもってきて」と言えば、そうしていたのだ。で、店長らしき店員にもそう言っていた。どうしてかというと、ぼくには、だれが、そのルールを知っている店員で、だれがそのルールを知らない店員かわからないからだ。店長らしき店員は、そのルールを知っていたので、いちいち、「店で食べるなになにを優先して、さきにもってきてください」と言われると「そういうことになっているので、そういうことは言う必要はありません」という意味のことを言いたくなったのだろうけど、知らない店員がいたのだ。その中国女店員だ。中国女店員は、そのルールを知らない。店で食べるものと、もって帰るものを両方とも注文された場合には、両方一緒に出すものだと思っている。けど、それは、中国女店員のなかで、思っていたことなので、店長らしき店員は、中国女店員がそういう独自ルールをもっているというとを知らない。「うちでは、店で食べるものと、もって帰るものを両方とも注文された場合には、特に店で食べるものがさきだと言わなくても、店で食べるものをさきに出すようにしている」と言うようなことを言ったから、「そうなのかな」と思って中国女店員にもそういう注文のしかたをしたのだ。そうしたら、あんなことになってしまった。それで、中国女店員が、自分がルールを知らなかったのが悪いと思わずに、俺が悪いと思っているのだ。あるいは、思っていた。中国女店員の頭のなかでは、俺は、悪い人になってしまったのだ。中国女店員が頭を抱えて「そんなの、おかしい。あの人、きちがい。あの人、おかしい」

2024年6月5日水曜日

2025年から、軽くなるような感じがする

 基本的なことを言ってしまうと、2025年から、軽くなるような感じがする。なんか、軽い感じがするんだよね。2025年は、明るくなる。そんな気がする。いまよりも、明るくなるということだ。上がり調子になっていく。社会全体が上がり調子になっていく。これはもちろん、ぼくにも影響をあたえる。

まあ、2024年の10月あたりから、そうなるのだけど、それまでがたいへんだ。ボトムが10月で、ボトムから上がりはじめるのが、10月だ。今年の10月。それならば、なんとか、今年の10月まで、がまんして生きのこればいいということになる。けど、それが、きついんだよね。気分的にきつい。

「こんなところまできてしまった」と感じることが、たびたび、ある。

 

ほんとう、どうなっちゃうのかな?

 昨日、本棚の整理というか、本棚上にあるものをどうにかしようとしたのだけど、ほこりがかぶっていて、強敵になっていた。これ、表面にあるものだけではなくて、かさねてあるものも、ほこりがかぶっていた。これは、まさしく、棚の上にあげた時点で、かさなっているものに、ほこりがかぶっていたのである。まえ、「どうしようか」と思って、とりあえず、棚の上に置いた記憶がある。あの時点で、もうすでに、かさなっているものに、ほこりがかぶっていたんだよな。それで、棚の上のほこりがかぶっているものを複数処理したときに、どうも、ダニがズボンについたみたいなので、ズボンを熱湯消毒して、洗濯した。いま、ほしてある。ダニというのは、かゆくなってから気がつくわけで、ちょっとやられた感じがある。けど、強烈なやつじゃない。ひょっとしたら、ほこりアレルギーでかゆくなっただけかもしれない。あとが残らないからね。

ともかく、横の部屋の本箱がそういう状態なのはまずい。最後の最後に、失敗したんだよね。この部屋にネズミが入ってしまった。最後の最後に……。ドアをゆるくしめないといけないときに、ゆるくしめたら、風で開いてしまって、ネズミが入った。その時、ぼくは、ぐっすりと眠ってもた。ものすごくねらわれている状態が数年間続くとそういうことになる。これ、数年間ねらわれていた過去がなければ、そんな、ちょっとぐらいドアを開けただけで、ネズミが入ってくるわけがない。

まあ、まだ、本箱の上が片づいてない。重装備でやらなれけばならないかもしれない。

*     *     *

あとは、ひまなんだけど、……なんていうのかな……この空間はたえられない。あとは、まあ、工事をしている。だらだらとうるさい。

ほんとう、どうなっちゃうのかな?

かりに、いま、美少女がいたとしても、やっぱり、鬱なんだよな。俺のことが大好きな美少女が一緒にいてくれても、やっぱり、鬱だ。長期騒音と、その後の人生がこたえた。

 

2024年6月4日火曜日

なんとかの末路

 ずんだもんに取り上げられる話には、だいたい、パターンがあるのだ。

たとえば、アルバイターだと、最初のうちは、アルバイトでも定時に帰れるし、親・健在で自分の部屋があり、自分で稼いだ金は、全部自分で使うことができるので、正社員になった友人よりも、楽しく暮らせる。

けど、それから、10年がすぎて……。友人が、結婚をしたり、家を買ったという話を聞いて、落ち込む……。

それから、10年がすぎて……。親が入院したり、親が死んだりして、突然、住むところがなくなる。あるいは、親が「そろそろ、独立しろ」と言って、ずんだもんを追い出す。

貯金をしてこなかったので、親がいなくなると、生活がきつくなる。それから、5年がすぎて……。アルバイト先の店が、人員整理をしたくて、ずんだもんをくびにする。アルバイト先なんていくらでもあると思っていたのだけど、歳をとったので、なかなか、きまらない。

そのあと、カップ麺ばかりの不摂生な食生活が続いて、突然、たおれて、入院する……というような話が多い。

じゃあ、正社員として働くとどうなるのかというと、これも、バットエンドが待っているのだ。まあ、基本、「なんとかの末路」だから、あんまりいい終わり方をしない。けど、あんまりいい終わり方をしない話ばかりだと、やばいので、動画制作者か動画発注者が、ハッピーエンドの話もそこそこ、用意するようにしたけど、全体的には、やっぱり、バッドエンドの話のほうが多いという状態だ。

正社員としてずっと定年退職まで働いてきた人の、話もいろいろとあるのだけど、たいていが、バッドエンドなのだ。フリーター、ニート、非正規などは、たいていが、バッドエンドだ。そして、フリーター、ニート、非正規がカネをため込むケースもあるのだけど、この場合も、たいていは、バッドエンドだ。ちなみに、正規従業員(正社員)でも、ケチだとバッドエンドになる。

 (1)のパターン……フリーター、ニート、非正規→カネを使ってしまうタイプは散財→歳をとってから、たいへんなことになる

 (2)のパターン……フリーター、ニート、非正規→カネを使わずにため込むタイプ→歳をとってから、たいへんなことになる

けっきょく、(1)のパターンでも、(2)のパターンでも、たいへんなことになるのだ。

*     *     *

けど、ずんだもんの場合、基本、声がかわいいし、ルックスがいいので、悲惨なケースに関しても、そんなに悲惨な感じがしないのだ。ずんだもんは、音声合成ソフトのキャラなんだけど、聴きやすくてかわいい声だ。2倍速で聴いても、はっきりと聴こえるナイスボイスだ。

ずんだもんの「えーーっ」とか「うっーーうっーー」というような声が、みょうにかわいい。

 https://voicevox.hiroshiba.jp/dormitory/zundamon/


どうするかな?

 どうするかな? 冷凍スパゲッティーを買いに行くかどうかまよっている。冷凍スパゲッティーをこのあいだ3袋買ったのだけど、もう食べてしまったのだ。冷凍とはいえ、いろいろとはいっているので、ひかえめにしたかったので、3袋にしたのだけど、なんか、今日は、冷凍スパゲッティーが食べたい。

しかし、シェディングが気になる。店で、有害エクソソームをくらってしまったら、やばい。ほぼ100%の確率で、なんらかの有害エクソソームをくらうことが確定している。まあ、量にもよるのだけど……。あとは、もうかってしまったのだけど、じつは、市のゴミ袋を通販で買うと、かなり高いのだ。まあ、送料が高いだけなんだけど、けっこうこたえる。それに、段ボールのゴミが増えるのでこまるのだ。行くとなったら、あれとあれを飲まなければならないけど、あんまり飲みたくない。減らしたくないのだ。

市のゴミ袋に関しては、通販では、標準価格で売っているだけなのかもしれないけど、なんか、ドラックストアで買うよりも高い感じがする。

ともかく、全般的に、有害エクソソームをくらいたくない。

 

2024年6月3日月曜日

家を解体しているのは3マスさきの家だ

 やばい。ななめまえの家の工事で、うるさくなっているのかと思ったら、まだ、音が出るような工事をしてない。うるさいのは、「ななめまえの家」の横の家だ。1マス動くのに、1動くとする。ななめまえの家は、横1マス、縦1マスの、2マスさきだとする。いま、さら地にするべく、家を解体しているのは3マスさきの家だ。これは、こまった。いままで建っていた家をこわして、さら地にするところが、たくさんある。なんだこりゃ? これは、さわがしくなるぞーー。

とりあえず、ゴミを出してきた

 とりあえず、ゴミを出してきた。これは、すばらしいことだ。けど、どうしようかな。もう、やることがない。やらなければならないことはあるけど、やりたくない。食べたいものもわからないなぁ。基本、食べたいものは、あるタイプなんだけどなぁ。まあ、もっともっと、腹がへるのをまつかな。

しかし、ほんとう、どうしようかな。まず、ダニ関係のことをどうにかしないとだめなんだよな。ダニ関係のことをどうにかするには……本当にどうにかするには、引っ越すしかない。ところが、引っ越すのが、めんどうなのである。いまの体力を考えると、ほぼできないことだ。なんとかして、引っ越しの用意をしなければならない。

 

2024年6月2日日曜日

しかし、もう、つかれた

 しかし、もう、つかれた。焼き枝豆を食べただけで、つかれたのだ。

横になるのだ。

枝豆をオーブントースターで焼いてみたらどうなるのかな

 枝豆をゆでずに、枝豆をオーブントースターで焼いてみたらどうなるのかなと思って、焼いてみたら、うまかった。

これ、ゆでるのより、うまい。

こうばしい感じがする。

けど、この枝豆というのが、冷凍枝豆なのだ。だから、もう、ゆでてあるものなのかもしれない。冷凍枝豆ではない、普通の枝豆を、焼いた場合、どうなるのかは、知らない。

ともかく、冷凍枝豆をオーブントースターで焼くという手もある。ゆでるだけではない。まあ、味自体はそんなにかわらないけど、こうばしさがある。

「うーーん。これ、どこまでも食べられそうだなぁ」と感じながら、食べていた。もちろん、一袋でおしまいで、どこまでも食べられるわけではない。

実際、数袋用意しておいて、ずっと食べていたら、そのうち、あきて、「もういらない」となるのだろう。

けど、食べている数分間は、なんか、どこまでも、食べられそうな感じがした。

快感。うまい。 

冷凍ソラマメは、すでに、実験したことがある。冷凍ソラマメもうまい。これ、オーブントースターが、案外、使える。電子レンジを使わない生活をしているので、オーブントースターの出番が多くなるのだけど、オーブントースター自体は安いのに、オーブントースターが、だいぶいい働きをしている。

ゆでるのよりも、手間数が少ないので、焼くのがいいな。

まあ、冷凍食品だから、下茹でというか、すでにゆでたものを冷凍しているのかもしれない。ともかく、冷凍食品の豆なら、オーブントースターで焼くという手もある。手間数が少ないし、焼いたほうがうまい。

2024年6月1日土曜日

ネットスーパーの注文をした

 朝のうちに、ネットスーパーの注文をしたので、そろそろ、とどくころだ。

まあ、Youtube『ずんだもん』関係の動画を見ていた。あれは、なんか、ひとりの人がやっているのかと思ったら、シナリオを外注しているみたいだな。『ずんだもん』以外にも、似たような動画をあげている人がいるなぁ。まあまあ、もうかるんだろうなぁ。ちょっと、きびしいか。

しかし、なんというか、ひまだなぁ。からだがかゆいんだよね。ほかの人にはわからないことなんだけどさ。長期騒音でほんとうに、友達づきあいがなくなったからなぁ。

まあ、ひまと言いつつも、やらなければならないことはある。けど、楽しくない。やらなければならないことは、楽しくない。そして、これ、じつは、いま、長期騒音の雰囲気が、する。この時間、やられてたな。

*     *     *

まあ、ずんだもん末路系は、ひとごとだからなぁ。「それから5年がたった」と一瞬ですむけど、5年は、ながい。まあ、人生まとめ動画なんだよね。まあ、末路系で、ひとごとではないやつもある。まあ、自分のことでなければ、ひとごとだから、ひとごとと書いたけど、分野的かぶるのもある。けど、いろいろとちがうしなぁ。

 


しかし、どうしたものだ?

 あーーあ。つまんないなぁ。まあ、当然か?

しかし、どうしたものだ?

本箱の整理をしていた。けど、これも、果たして意味があるのかどうか? いや、意味はあるのだろう。引っ越しをしやすくなる。けど、もう、つかれたなぁ。人生、つかれた。

 

しかし、おっそい

ドナルド・トランプはうまくやっているようだ。しかし、おっそい。もう、お芝居終了でいいよ。はやくしようよ。まあ、必要な手続きか? あーーあ。

日本の有名企業の悪事がばれるのは、いったいいつなんだ。通信関連企業、電力関連企業、食品関係企業……こいつらが、いままでやってきたことをやめるのはいつだ。はやくしてくれ。

 

いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿

ブログランキング・にほんブログ村へ