2018年8月10日金曜日

黒地に白文字で文章を書く

起きた。いろいろと見て回って、落ちついたところだ。
しかし、どうしたものだ。やっぱり、このままの生活はきつい。

あとは、黒地に白文字で文章を書くことができるのだけど、それだと、雰囲気が出ないという問題がある。目にかかる負担を考えると、絶対に黒地に白文字のほうがいい。なににくらべていいかというと、白地に黒文字よりもずっといい。紙は通常、白いので、白地に黒で文字を書くというとになってしまうのだけど、これは目に負担がかかりすぎる。実は、白文字よりも、緑文字のほうがいいのではないかと思っている。むかし、グリーンモニターというのがあったんだよね。白は、青光線を含んでいるからね。ちなみに、CRTモニターは光線に色が付いているわけじゃなくて、表面の蛍光面に光線が当たってはじめて色が付きま~~す。まあ、青光線と言ったのは、自分の目に青光線が届くという意味で~~~す。

いま、白地に黒文字で書いてま~~す。これは、やばい。

イエロー眼鏡をかけて、青光線を「中和」しても、なんか目に負担がかかっている感じがする。

黒地に白文字で書ければいいんだけどな~~。実は個人史的には!!MS-Word2000までは、それができた。いまも、MS-Wordは黒地に白文字という設定ができるのだけど、インターフェイスが問題になる。やっぱり、4:3モニターで、MS-Wordにもどすか? MS-Wordはいろいろと問題があるソフトで、どれだけよけいなことをしないように設定しても、よけいなことをすることになっている。設定でははずせないお節介機能がある。普通はそれで問題にならないのだけど、キーボード配列を書きかえるソフトを使っていると、問題がしょうじる。設定ではずせればよいのだけど、絶対に設定でははずせないトラップ?がしかけられている。

秀丸だと問題がないのだけど、MS-Wordだと問題があるという場合がある。じゃあ、秀丸を使えばいいじゃないかということになるのだけど、あまりにも、MS-Wordを使っていた時期が長い?ので、『雰囲気』が出ないのだ。MS-Word97のインターフェイスで、秀丸の機能が使えたらいいんだけどな。秀丸のインターフェイスをなるべくMS-Word97みたいにするということはできるのだけど、それだとやっぱり、限界がある。はっきり言えば、雰囲気が出ない。細部にいたるまで、全部MS-Word97のインターフェイスじゃないといやだ。ちなみに、MS-Word2000だと、やっぱり雰囲気が出ない。MS-Word97のインターフェイスがよかったな。書く気がする。どんどんだめになるんだよな。




いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿