2018年8月1日水曜日

ご飯を炊くのなんて簡単 カップ麺にお湯を入れるぐらいに簡単

カップ麺は、ときどき食べるのはいいけど、毎日食べるのはやめておいた方がいい。だいたい、ご飯を炊くのなんて簡単だ。どのくらい簡単かというと、カップ麺にお湯を入れるぐらいに簡単なのだ。だから、ご飯を炊くこと自体は、そんなに重たく考えなくていい。

無洗米というものがあって、それは「とがなくてもいい」ので、そのまま、水を入れればいい。内釜をジャー本体に入れて、スイッチを入れればいいだけなのだから、楽。

ちなみに、内釜を洗わずに新しい「こめ」を入れてしまうという、裏技がある。ちょっと残ったご飯は、そのままにして、新しい「こめ」を入れて炊けば、ちょっと残ったご飯は溶けてしまうので、残ったご飯を別の容器に入れて、内釜を洗って、新しい「こめ」を入れるという手間は省ける。「ちょっと」だからね。お茶碗一杯分残っていると、炊けたご飯の表面がねとねとしている状態になるからだめ。けど、けど、大さじ3杯分ぐらいなら、逆に炊けたご飯の表面が、しっとりして、うまくなる。まじ、おすすめ。
まえは、いちいち内釜を洗っていたのだけど、そうしなくてもすむようになってから、ほんとうにご飯を炊くのが楽になった。もともと、楽だけど、さらに楽になった。


内釜を洗わずに、新しい米を入れてしまうという裏技は、もっと知られてもいいと思う。


あと、野菜ジュースは、役に立ちそうなのだけど、案外だめなんだよ。ひとつは糖分の問題。もうひとつは栄養素が案外、破壊されているという問題がある。野菜に関しても、いまは、洗わずにそのまま食べられるレタスとか冷凍食品とかいろいろあるので、野菜ジュースを飲むよりは、そっちを食べたほうがいい。






いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿