2018年7月10日火曜日

布団を干そう。日光はタダだからなぁ

すげーぇ、日差し!! ものすごい日差しだ。
布団を干そう。日光はタダだからなぁ。タダ。



布団を干すのだって、布団ばさみ(布団用巨大クリップ)が必要だ。むかし、布団ばさみがなくて、布団が下に落ちた。安心して干すには、布団ばさみが必要だから、コストはかかっているなぁ。あとは、布団ばさみを何十年使うかが問題だ。使う年月がのびれば、コストはさがっていく。

消費財は使っている年月をのばせば、コストが下がっていく。たとえば、12000円の自転車を一年だけ使って捨てたとする。捨てるコストはないとする。その場合、一ヶ月1000円でレンタルしていたのとおなじ。二年だと、一ヶ月500円。四年だと一ヶ月250円。八年だと一ヶ月125円。まあ、自転車は途中でパンクするかもしれないけどね。布団ばさみは、長持ちさせれば、コストが下がっていく。

24000円の自転車でも、四年で一ヶ月500円か。一日500円じゃなくて、一ヶ月500円だから、相当にコスパがいい。パンクして、修理費が必要な場合は、修理費を、修理費が発生した時点から、おなじように割っていけばいい。修理費が1200円なら、一年経った時点で、月100円のレンタル。二年経った時点で月50円。

いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿