2018年6月7日木曜日

住宅ローンはギャンブル!! 3000万の借金をして、30年かけて返していくなんて、ギャンブル

住宅ローンのことを調べていたんだけど、みんなすごいなぁ。みんな、そんなにすごい借金を抱えていたのか? 住宅ローンなんて考えたことがまったくなかったので、当然、他人がいくらぐらい払っているのか知らなかったけど、ものすごい額を払っているんだなぁ。すごいなぁ。だから、サービスや商品が高くなるのか。素人のできる人に頼むのも、プロに頼むのも、結果はおなじサービスがあるとして、そのサービスを買うときに、プロのほうが一万ぐらい高いとしても、プロのほうを選ぶというのは、いろいろと納得がいくことなんだな。結果がおなじなのにね。
と、ちょっと、別の方面のことを考えてしまった。

月額どのくらい住宅ローンを払っているのか、調べてみた。
そうすると、年収500万ぐらいで月8万ぐらい、年収600万ぐらいで、月10万ぐらいだということがわかった。

まあ、これは、だいたいの感覚だ。ボーナスとか考えていない。固定か変動かも考えてない。だいたいのイメージをつかむために、平均などを調べて書いてみたことだ。

まったくイメージがつかめなかったけど、住宅ローンというのは、だいたい、3000万ぐらいの借金をして、月に10万ぐらいずつ、30年ぐらいかけて返すものだったんだな。あくまでも、イメージね。そりゃ、年収が1000万と年収が400万じゃ違う。頭金にいくら払ったかで違う。時代ごとの平均金利も違う。けど、イメージをつかむために、出した数字だから。

これ、すごいなぁ。ボーナスなんて、いつまで続くかわからないでしょ。ボーナスがもらえることを見込んで払うコースがあるなんてこと自体が信じられない。まあ、むかしは、終身雇用みたいな感じだったからそれでもよかったのかもしれない。ボーナスを見込んだコースじゃなくて、ボーナスをもらったら、そのボーナス分のお金を繰り上げ返済すればいいんじゃん

しかし、おどろいたなぁ。病気に関する保健を兼ねている住宅ローンもあるみたいだけど、病気や倒産のリスクというのはあまりにも高すぎる。3000万の借金をして、30年かけて返していくなんて、ギャンブルだよ。ものすごい、ギャンブルだよ。みんなギャンブラーだったんだな。

みんな、すごいなぁ。そんなギャンブルをしていたのか。月8万3000円ぐらいでだいたい年に100万だ。年100万、30年で3000万円。これが、平均的な住宅ローンのイメージだ。しかも、月8万3000円というのは、固定資産税増加分などを含んでいないので、実際にはもっともっと、家計を圧迫することになるだろう。

問題なのは、病気、リストラ、倒産だろうと思う。あとは、子供の教育費などだ。病気に関しては、住宅ローンに病気に関する保健が含まれているものがある。なので、それを使えばよいということになるのだけど、配偶者の病気や子供の病気まではたいていの場合含まれていないので、配偶者が病気になった場合は、住宅ローンの支払いに支障が生じるだろう。まあ、病気に関してはわからない。だいたい、住宅ローンを組んだ本人が保険に入ると言っても、どの程度カバーできるのかわからないわけだから、保険に入れば安心というわけにはいかないだろう。けど、大きな病気はしないという前提でものを考えよう。そうなると次は、倒産のリスクだ。勤めている会社が倒産するというリスク。このリスクは、終身雇用が成り立っていた頃、高度成長期の頃にくらべて、高いと言わなければならないだろう。あとは、リストラのリスク。これも終身雇用が成り立っていた頃、高度成長期の頃にくらべて、高いと言わなければならないだろう。病気、倒産、リストラ……こういうリスクは考えたくない。そりゃ、考えたくないだろ。考えるのもいやなことだ。だから、まあ、「自分の場合はそんなことはあり得ない」という気分になるのもわかる。けど、リスクは、考えておくべきだ。だから、ぎりぎり返済が可能というレベルの返済計画を考えるべきではなく、相当によゆうがある返済計画を考えなければならない

だいたいのことを言ってしまうと、0.5ガケでいいと思う。半分。頭金なしで3000万のローンを組む必要がある住宅を買うつもりなら、頭金なしで1500万のローンを組む必要がある住宅を買うようにするようにすればいいと思います。まあ、それだと、夢が遠のくと考える人もいるだろうけど、住宅ローン地獄で、離婚なんてことになったら、いやでしょ。まあ、夢を追いたい人の場合だと、0.7ガケぐらいでいいんじゃないかとも思うけど。

たとえば、住宅ローンというキーワードを入力すると、「住宅ローン 審査」というような候補が挙がってくる。審査というのは、審査に「ぎりぎりでも受かればよい」と考えている人がいるということを暗示しているように思える。審査にうかればいいという考え方だと、それでうまく行く人は7割ぐらいなんじゃないかな。3割ぐらいは失敗するんじゃないかな。これは、エビデンスはない。ぼくが感じを言っているだけ。審査にぎりぎりで受かるレベルだと、相当にやばいギャンブルをしているという覚悟が必要だ。

じゃ、どうすればよいのかというと、基本、中古住宅を一括で買えばいいと思う。借金なし、ローンなしで、一括払いで買うしかない。住宅もニコニコ一括払いですよ。たぶん、これからは、そういう買い方をしないと、痛い思いをする人があとをたたないのではないかと、心配してしまう。まあ、結論としては、住宅ローンはギャンブル!! ということです。ギャンブラー以外は避けるのが賢明でしょう。

+++++++++++++++
月8万3000円、年に100万というのは、平均?のなかでも、けっこう安い方のイメージで、月10万、年に120万のほうが、実情に近いのかもしれない。月に12万、年に144万も、だいぶいるだろうなぁ。しかし、固定だとして、それが60代になるまで続くと、30代の人が考えるわけだ。これは、リスクがある。30年、35年って、どういう時間の長さだと思っているのだろうか? 会社がどうなるか? 自分がリストラされるかどうかなんて、ほんとうにわからない。

+++++++++++++++
まあ、日本は、土地の値段が下がって、空き家が多くなると思います。これは、大都市周辺の場合は成り立ちません。大都市周辺の場合は、土地の値段も下がらないし、空き家も増えない。けど、日本全体のことを考えると、やはり、土地の値段が下がって、空き家が多くなると思います。なので、新築にこだわる必要はありません。

住宅ローンが払えなくなった場合、その住宅は高確率で競売にかけられます。なので、そういう住宅をねらうという手もあります。これだと、相当に安く住宅を手に入れることができます。新築じゃなくて中古だけど、けっこう新しいのが出てるんですよね。まあ、無理なローンを組んで、払えなくなった人が多いのでしょう。












いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿