2018年4月8日日曜日

ピーマン肉炒めを食べたかったので、ピーマンが主役

今回、手料理をつくったわけだけど、金がかかったな。まあ、ここ二回、手料理をつくっている。まあ、このあいだ豚肉小間切れなどをかったから、炒めただけなんだけど、豚肉の小間切れが三一一円と高い。焼肉用の味がついている豚肉切り落としは二八九円。ピーマンが一袋一〇八円で、豚肉の小間切れが三一一円だから四一九円。あとは、ご飯が五〇円といったところか。まあ、松屋で牛丼(並)を食べたほうが安い。しかし、肉の量が多いからな。

今回は、ピーマン肉炒めを食べたかったので、ピーマンが主役だ。ときどき、ピーマン肉炒めを食べたくなるんだよ。ちなみに、味付きの豚肉のほうにもピーマンを入れた。ほんとうは、ピーマンだけ炒めて食べるつもりだった。油を多めにひいてピーマンを炒めるだけの料理が食べたいときがある。そのために買ったんだけど、ピーマン肉炒めになっちゃったな。また、ピーマンを買っておこう。産地が宮崎県だったので、ピーマンを買ったわけだけど、宮城県だったら、買わなかった。袋の印刷を信じるなら……宮崎県。

やっぱり、九州のほうに引っ越したい気持ちがある。けど、本がね……。ここをはなれるのはむりだ。本を相当に売らないと引っ越しができない。倉庫を借りるっていうのもなぁ。

本だけの一生だったような気もする。

いつも読んでくださるかたに感謝しております



人気の投稿